歯科クリニックが取り組む院内感染防止策

感染対策をいながら歯科治療

原因を正しく知る

通院する時私達は何に気を付けているでしょうか。アルコール除菌、マスクをして行く事が常識になってきました。例えば、喉が痛いなどと症状がある場合は乾燥しないように、咳エチケットを考えてマスクをしていきます。待合室にはアルコール除菌設置があり、指先除菌をする事が多くなってきました。
また、病室にお見舞いで入る時も病室前にアルコール除菌設置がしてあります。

近年、ウイルス感染により学校、施設、病院で集団感染のクラスターが問題になっています。ウイルスは目に見えない敵です。見えていればこちらから、避けて下さいと声掛けが出来ます。しかし、ウイルスは目に見えません。どこにいるのかも分かりません。私達の知らないウイルスは沢山あります。
直ぐに症状が出る、暫くしてから症状が出る、症状も個人差があります。疾患がある、免疫の弱い小さな子供は重症化しやすくとても怖い存在です。
数年前、インフルエンザの悪化で小さな子供が脳症で亡くなる事が多数ありました。ウイルスを完全に死滅させる事は不可能でも減少させる事は出来ます。歯科クリニックは口内を治療します。口から直接細菌が入りやすい状況です。歯科医と患者は密接状態でないと細かな治療になります。
歯科クリニックは使い捨てに出来る物は使い捨てにし、殺菌消毒と感染予防対策をしています。患者は通院前に歯磨きをする事で口内を清潔に保ち、なるべく細菌を少なくします。歯科クリニックと患者の双方で院内感染予防により感染を抑えて行く事が出来ます。

院内感染を防いで治療

院内感染、集団感染は時には医療崩壊を招いてしまうとても怖い状態です。原因を正しく知る事で普段から予防により、安心して利用、治療が出来ます。院内感染により、家庭、職場などにも感染が広がってしまいます。ご自身だけは大丈夫だろうと安易な考えは感染症を防ぐ事が出来ません。

治療に使う大量の水

歯科治療で水を大量に使います。座席について治療前に紙コップでうがいをする事が多くあります。磨き残しチェック後、治療の途中も口をゆすぐ事があります。治療中も専用器具を使いながら汚れを洗い流しています。治療には水は欠かせません。不特定多数の患者が来る歯科クリニックは清潔な水が必要です。

予防に配慮した治療

歯科クリニックの治療は歯科医と患者が密接した細かな治療になります。基本的な予防策に加え、独自の予防対策に取り組んでいる歯科クリニックもあります。歯科治療に使う器具は複雑な形状も多く、しっかり殺菌をしないと器具から感染も考えられます、安心して治療する為に、感染予防は大切です。

おすすめリンク

技術の向上を常に考えている優秀な歯医者は高円寺にあります

技術の向上を常に考えている優秀な歯医者は高円寺にあります。勉強熱心な先生はとても信頼出来ます!

座間市で信頼の厚いインプラント歯科

座間市内で安心して通える信頼の厚いインプラント歯科を集めました。いろいろ比較してみましょう。

茨木市の女医がいる内科

女医が在中しているから女性が安心して診療が受けられる茨木市の女医がいる評判のよい内科。

稲城の駅チカで歯科医院を探すコツ

会社帰りにお出掛けの差ついでにすぐ行ける!稲城の駅チカで歯科医院を探す時のコツをピックアップ。